smStrengthRange09_v4.1

mq4, MT4, smStrengthRange09_v4.1, インジケーター, 環境認識, 通貨強弱

環境認識(通貨強弱)を表示するMT4インジケーター
『smStrengthRange09_v4.1』
のご紹介です。

 

smStrengthRange09_v4.1 8通貨の強弱ライン(太ラインはチャート上の通貨)
smStrengthRange09_v4.1 8通貨の強弱ライン(太ラインはチャート上の通貨)

 

通貨の強さをサブウィンドウにライン表示します。
【 主要通貨 】
USD / EUR / GBP / CHF / JPY / AUD / CAD / NZD
の強弱を視覚的にグラフ化し、サイドには数値と矢印で分かりやすく表示しています。

 

チャート上の通貨がデフォルトで太く表示されます。

グラフ右には強弱を数値化してソート、現在のアップダウンを矢印で表示しています。
※ デフォルトファイルの文字化け・・・ARROW-CODE 233を221に、234を222に変更。

 

次に「smStrengthRange09_v4.1」のパラメーター設定です。

 

smStrengthRange09_v4.1 パラメーター
smStrengthRange09_v4.1 パラメーター

 

パラメーター「Show_CurrencyLines」を”false”に変更し、中央の赤と緑のシグナルだけの表示にしたものが以下の画像です。

 

smStrengthRange09_v4.1 中央ライン上の赤と緑のシグナル
smStrengthRange09_v4.1 中央ライン上の赤と緑のシグナル

 

中央の赤と緑のシグナルは、パラメーター「Show_DivergenceArrows」のON-OFFで表示非表示が切り替えられます。

赤 ・・・ チャート上の通貨の数値が共に縮小
緑 ・・・ チャート上の通貨の数値が共に拡大

このシグナルが発生した際は、ローソク足の値幅が大きくなることが多いようです。

 

ちなみに1番目の画像のグラフが左端で切れていますが、パラメーター「maxBars」が”200″でローソク足200本分の表示となっています。

 

他の通貨強弱インジケーターのグラフよりは、ソートされた一覧表示があり見やすいかもしれません。通貨強弱の数値化についてはインジケーターによって様々ですので、お好みでご利用ください。

 

Indicators - Download smStrengthRange09_v4.1.mq4 – 45 KB


PAGE TOP