Currency-Pairs-Slope-Values-Indicator

Currency-Pairs-Slope-Values-Indicator, mq4, MT4, インジケーター, テクニカル, 情報系

各通貨ペアの売買状況を一目で確認できるMT4インジケーター
『Currency-Pairs-Slope-Values-Indicator』
のご紹介です。

 

Currency-Pairs-Slope-Values-Indicator 各通貨ペアの売買状況を一覧表示
Currency-Pairs-Slope-Values-Indicator 各通貨ペアの売買状況を一覧表示

 

28通貨ペア(デフォルト)の売買状況を数値化して一覧表示しています。

 

各通貨ペアの売買状況
各通貨ペアの売買状況

 

【 買い優勢(2段階)- レンジ - 売り優勢(2段階)】で表示され、段階レベルは任意の数値で設定可能です。

 

下が『Currency-Pairs-Slope-Values-Indicator』のパラメーターになります。

 

Currency-Pairs-Slope-Values-Indicator パラメーター
Currency-Pairs-Slope-Values-Indicator パラメーター

 

デフォルトでは[autoTimeFrame]は”true”となっており、チャート上の時間足がオート表示されます。

こちらを”false”にすると[timeFrame]に入力された時間足で表示されますので、マルチタイムで売買状況が把握出来て非常に便利です。

 

8通貨28通貨ペアは多過ぎるという場合には、[symbolsToWeigh]の通貨ペアを変更します。

 

Currency-Pairs-Slope-Values-Indicator 10通貨ペアの売買状況
Currency-Pairs-Slope-Values-Indicator 10通貨ペアの売買状況

 

5通貨10通貨ペアでトレードしている方も多いので、パラメーター内にメモ書きを入れました。

5通貨10通貨ペアに変更したい方は、[Reserve_memo]の通貨ペアをコピーして[symbolsToWeigh]に張り付けてご使用ください。

 

Currency-Pairs-Slope-Values-Indicator 変更後のパラメーター
Currency-Pairs-Slope-Values-Indicator 変更後のパラメーター

 

当インジケーター『Currency-Pairs-Slope-Values-Indicator』は比較的参考になるのではないかと思いますが、ロジック上やや遅い動きになる傾向になります。

トレンドの初動を捉えることは難しいですが、ある程度の状況を把握出来るインジケーターということでご使用ください。

 

Indicators - Download Currency-Pairs-Slope-Values-Indicator.mq4 – 26 KB


PAGE TOP